自民党は長く政権を握りすぎたのでは?

23日にの衆参両院での岸田首相による施政方針演説。「決断」「改革」といった言葉を多用しています。

決断や改革をするなら、具体的な内容をそろそろ国民にも問うても良いのでは?

最近の自民党は、

1.メディアにあやふやな政策をリーク
2.反応を見て微調整
3.メディアが飽きた頃に政策決定

と言った感じでかなりの強権政治です。

国会での多数決では必ず勝つだけですから後は国民感情のみです。いきなりショックを与えずに悪い情報はやんわり伝えるわけです。

国民が気づいた頃には手遅れです。

こういう進め方は自民党ももちろん悪いとは思うのですが、野党が一番悪いのでは無いでしょうか?

まともな野党がいないので、消去法で自民党が選ばれてしまうわけです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP