同性婚を認めるか認めないは憲法改正の直接投票で!

先日、岸田首相の秘書官がLGBTへ同性婚カップルを差別する発言をし大問題になりました。

荒井勝喜秘書官は更迭されました。

同性婚について

世界中で認められているから日本も認めるように各所が動いている同性婚問題。日本の場合は「憲法」でこう記されています。

第二十四条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本
として、相互の協力により、維持されなければならない。

日本国憲法

憲法で「両性の合意のみ」と記されています。両性というのは「男性」「女性」です。日本国憲法を制定した当時にはLGBTへの理解は皆無でこうなったのだと思います。

そして、同性婚を認めるよう働きかけている団体も同様の主張をしています。

言ってることは本当にそのとおりだと思います。

しかし、日本国憲法には「両性の合意のみ」と明記されているわけですから、勝手な解釈で小学生が読んでもそういう解釈にはならないだろう!という理屈で憲法を捻じ曲げる行為は絶対に許されないと思います。

しっかりと、憲法改正のための動きをすべきです。

色々なマイノリティな人たちの意見も理解はしますが、弱者の立場を利用した無茶な主張をするとかえって陰湿な差別につながるのでは?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村
TOP