ハラスメントのない部活へ 沖縄の高校生たちが提言

部活指導者による暴力や暴言は今の世の中では許されることではありません。

指導者や体制に対してOOOしろ!と提言するのは良いことだと思います。しかし、生徒たちの部活に取り組む態度や姿勢も合わせて考えて発表したほうが良かったかな。

お互いになおすべきところ、努力すべきところがあるのだと思います。

生徒自身が部活動のあるべき姿や目指す方向性を協議する高校生検討委員会(県教育庁主管)のメンバーが6日、県教育庁に半嶺満教育長を訪ね、暴力や暴言、ハラスメントのない部活動実現に向けた「県高校部活生メッセージ2023~変えよう部活、変えよう未来」を手渡した。生徒らは「たくさんの仲間が指導者と信頼関係を築けている一方で、今もハラスメントに苦しむ仲間が多くいる」と、互いを尊重し協力し合う部活動の実現を求めた。

暴力や暴言、ハラスメントのない部活へ 沖縄の高校生たちが提言「生徒が行きたいと思う部活に」

このままでは学校単位での「部活」というのは廃れていき、クラブチーム的な「上を目指したい」「やる気がある」人だけが集まったスポーツチームになっていくのではないでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村
TOP