コロナ病床確保交付金 不正受給?過大受給?

大阪府だけで23億4,000万円

コロナ禍の時に、コロナ陽性者が入院できる病床確保のために、空床でも病院が運営できるように、1床あたり1日16,000円~43万6,000円が支給されました。

その交付金の請求をベッドが埋まっていたにも関わらず請求してたいということです。

新型コロナウイルス対策で病床確保に協力した病院に支払われる国の交付金「病床確保料」について、大阪府内の99病院が23億4000万円を過大受給していたことが13日、判明した。

国のコロナ病床確保交付金 大阪99病院が23.4億円を過大受給

意図的ではなく請求ミス

私の認識では、病院というところは結構頭のいい人が働ける場所だと思っていましたが、大阪府だけで99病院もそれを間違って請求したとのこと。

ベッドが埋まっている・埋まっていないというだけの話では?と思いますが(笑)

コロナ対策とか分類を決めているのは医者たち

こういう人たちが対策や分類を決めているわけです。まともな判断ができるとは思えないです(笑)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村
TOP